いよいよ載線(車輌輸送最終日)

8月5日深夜,私ことふじまさとkochan氏は明朝に迫ったデハ3499号車の現地搬入を見届けるべく,関越道を北上しました.22時過ぎに熊谷市西別府を出発した輸送車輌に伴走するチームからときどき入ってくる現在位置情報から,どうやら現地到着までに輸送車輌に追いつけるかどうか微妙な感じでしたので,安全運転に心がけながらもはやる気持ちを抑えきれず,走行速度はぬふわ~ぬうわ付近をキープしていたような気がするのはここだけのお話.

深夜2時過ぎに現場到着してみると,どうやら輸送車輌も直前に到着となったらしく,決して広くない二車線道路で切り返しの最中でした.辺りには照明などなく真っ暗なので写真が撮りづらいのは残念です.30分ほどしてデハ3499号車を保存場所の敷地に押し込めると,あとは明朝のクレーンによる吊り上げ載線までひと休みになります.輸送会社の職員さん達も一部を残して宿に引き上げ,現場で警備に当たられる職員さんの車と運転手さんが仮眠されるトレーラーのエンジン音だけが低く唸るだけの静かな夜が訪れます.我々も思い思いに写真を撮った後は,それぞれの車に引き上げて仮眠します.

保存場所に到着し明朝の載線作業を待つデハ3499号車

(続きを読む…)