2011年03月

2011年3月26日の活動

あの日を境に、世の中が一変してしまった…。

地震のあと、見かけ上は被害といえるものはあまり受けてない首都圏ですが、人のココロは確実に変わったように感じます。

余震とか原発とか、なんだか出かけることにも不安が伴うような感じですが、でもあの電車が安全な状態かどうかの確認、それがこの状況で出来る限り保つ対策は、管理者としてしなきゃいけないこと。早速地元在住の鉄道マン氏に頼んで確認してもらったところ、1位側に5~6㎝の移動が認められるが、脱線等はもとより、道床等の変形、傾斜などは見受けられないと聞き、ちょっと胸をなでおろしておりました。

一週遅れてしまいましたが、活動再開です。

現地に着いて、改めてよく見てみると、確かに動いた形跡があります。改めてすごい地震だったんだと思わずにはいられません。

まずは最近の継続作業になっている天井の劣化塗膜の剥離。気温差による膨張収縮で、来るたびにどこか浮いているのを根気よく剥がしていくわけですが、今月もまたあちこち螺旋状にペロペロ剥けてきて、いくつか床に落ちています。浮いている塗膜をスクレッパーで、これ以上剥がれなくなるまで剥がしていきます。もうここまで、となったら今日はそれでおしまい。また来月持越しです。それでも床は塗膜だらけ。

まだ全面積の半分行くか行かないかですが、薬品とか電動工具を使うと却っておかしくなりそうで、こういう自然に任せたやり方で少しずつ進めるのが一番理にかなってる気がしています。どうせ何時までにという期限があるわけでなし。どうしてもこれ以上行かなくなったら、電動工具でも使って仕上げていこうと思います。

そして今日の本題、地震対策。

地震から電車を守る、ということよりも、電車が近隣の方々に危害を及ぼすことがないようにする、ということが目的です。鉄道用語で転動とか流転、流出とかいいますけど、勝手に動いてしまうようなことは避けないと。

といったって大したことはできません。手歯止め(車輪止めのくさび)をきちんと掛けなおして、番線(鳶職が丸太足場を組むために使う太い針金)で手歯止めとレール、それに車輪の穴とレールを緊縛。枕木を車輪に突き当てておく。

あんまりギチギチにしすぎると、今度は手歯止めに車輪が乗り上げて脱線してしまうそうで、なかなか難しい話です。

手歯止めは地震の衝撃からか傷みも見られます。今回はどうしようもないので、来月に持越し。車輪の穴とレールを結ぶ番線は、台車ごとに横から見てなるべくハの字になるように8輪すべて緊縛。これはできればワイヤー等にしたいところです。

屋根のパンタ周りに掛けてあるシートは、ビニールひもが切れてめくれてしまっています。資材の中から太いロープを使って掛けなおしをしました。この位の太さがあれば当分は大丈夫と思います。

今日は早めに撤収。早く落ち着いてじっくり作業できるようになりたいなあ。

(写真はのちほどUPします)

震災被害と今後について

未曾有の大地震、津波、原発災害。
1年前、デハ3499の解体阻止に向けて私が奔走したとき、よもやそんなことすら足元にも及ばない危機が来るとは、想像だにしていないことでした。
東日本に基盤を置く私たちにとって、それぞれの方々が少なからずその影響を受けつつ、生活を維持している状況です。
生活プラスアルファの部分である私どもの電車保存活動ですが、それゆえ、それぞれの生活基盤立て直しを図ることが最優先であって、基盤がしっかりできて初めて活動が本格化できる状況であるといえます。実際問題として、燃料・電気とも滞っている状況ゆえに現地にたどり着くことすら困難です。
実は春以降、本格的なレストアに向けて、仮設電源等による敷地内への電源確保と車体への足場設置を計画していましたが、現状維持すら困難な中ですので、当面見送らざるをえないと考えています。
しかしながら、管理せずそのまま放置すれば朽ちるのみならず、地元の皆さまに危険を及ぼす可能性すらあります。したがって、ある程度無理を押してでも定期的に現地へ赴くことは必要であると思っております。
車輛の状況ですが、地元在住の方に確認していただいたところ、5~6㎝程度の移動が認められるが、転動や脱線、道床変形等で周囲に危害を及ぼす状況ではないとのことです。
今後は最低限の維持管理を図りつつ、事態の落ち着きを見ながら、少しづつ前進できる手立てを講じていきたいと考えていきたいと考えています。

まずは今生きている私たちが健全であることが第一だと思います。それが確保できたら、モノとしての電車を、可能な限り守ること。ある程度の余裕ができて初めて、モノの価値を高め、伝えることに労力を傾注できると思います。
当初考えているよりも、今後の動きは遅くずれていくことでしょう。でも、亡き岸由一郎氏が「モノさえあればなんとかなる」と口癖していたとおり、モノはあるわけですから、機が熟すまで待てばいいだけです。

とりあえず目の前のことに、がんばりましょう。