2012年07月

定期公開日-2012年7月21日

今回は先月に引き続き、天井の下塗りと草刈りをメインに行いました。

IMG_9373
屋根の防水シートは1端側が剥がれていました。先月来たときには何ともなかったですが、この1ヶ月の間に台風やら集中豪雨やらいろいろありましたので、そのどこかで落ちてしまったのでしょう。

IMG_9374
天井作業は今回も引き続き続いています。手前ではのがわ氏が錆取りと下塗り中、奥では化け猫親方がパテ盛りを行っています。

IMG_9376
パテを盛っている親方。鋼板の継ぎ目を埋めているようです。

さて、電気側に植えたヒマワリですが……

IMG_9377
見事に雑草に埋もれておりました(爆)
思ったほど大きくならなかったのはそういう品種なのか、はたまた周りの雑草に栄養をとられたのか……(^^;
花は早くも盛りを過ぎているようです。

今回はほとんど草刈りできませんでした。近々草刈りに来なければなりませんな。

IMG_9379
枕木の隙間からもこんな草が。バラストからはスギナが大量に生えていました。

IMG_9385
みどりの電車に、みどりのカエル。
……やらせですが(爆)

IMG_9386
(撮影:kochan氏)
今回は茨城で長らくキハ048を保存しておられたM氏が見学に来訪され、氏のご厚意で溶接作業を体験させていただきました。
今回参加した3499のメンバーは溶接に関しては全員素人。やはり一筋縄ではいかないものですね。皆わずか十数センチのテストピースを溶接するのに悪戦苦闘しておりました。

IMG_9387
M氏に3499の外板も診ていただきました。板金で直したほうがいいところや、はたまたパテで誤魔化すのが得策なところなど、いろいろアドバイスしていただきました。

IMG_9413
さて、化け猫親方はというと、客室天井にとどまらず1端側前面にもパテを盛り始めました。まずは比較的状態の良いここから外板の修復を始めるようです。

IMG_9418
あちこちパテを盛って、こうなりました。なお、車内もここもパテの研ぎ出しは次回以降に持ち越しです。

IMG_9421
今回、デハ3499号車保存会のチラシができました。説明板がわりに現地にも一枚貼ってありますが、今後保存会の広報活動に大いに利用されるものと期待されています。

定期公開日-2012年6月16日

今月からはいよいよ本格的な修復作業が始まりました。

IMG_8968
(2012年7月21日にkochan氏撮影)
それに先立ち、有機溶剤対策として化け猫親方が防毒マスクを調達してきました。今後は各々がこのように装着し作業にあたることになります。

IMG_8970
この日のデハ3499。
天気が相変わらず優れないこともあって、天井の作業を優先させることに。

IMG_8975
まずは、塗料が付いたら困る灯具や吊り手などをマスキング。そのあと、錆を落として塗料を下塗りしました。

IMG_8976
こんな感じになりました。

IMG_8977
車両西側では草刈り隊長T氏の奮闘により徐々に草が刈られていきます。
写真には写っていませんがヒマワリも随分大きくなりました。

IMG_8981
T氏の奮闘によりここまできれいになりました。ただ、来月には元通りになっているんでしょうね。今回、笹が斜面だけでなくその下の平地にも進出していることを確認しました。
放っておけば確実に藪化しますので、継続的に草刈りを続けなければなりません。

IMG_8987
化け猫親方、のがわ氏とT氏は何かスイッチが入ったようで、凄い勢いで草を刈り続けていました。

あの~、もう18時近いので帰りますよ・・・
皆さん東京まで帰らなきゃならないんですから。

IMG_8988
あ、そうそう。1端側の運転台にブレーキハンドルが付きました。これまでも主に家族連れに人気だったこの運転台ですが、ブレーキハンドルがないことで今ひとつ締まりのない状態でした。
今回某所よりこのハンドルを譲り受けたことで、運転台部品の欠品がひとつ減少したとともに、お客さまが運転台で記念撮影される際に、より凛々しく写っていただけるものと期待されています。

IMG_8989
作業終了後に一枚。
いつの間にか霧がかかっていました。

定期公開日-2012年4月21日

前の週に引き続き、21日も現地で作業を行いました。

IMG_7057
先週草刈りをした車輌西側(電気側)には、所々に得体の知れないキノコが(^^;
なんとなく美味しそうな色をしていることですし、食べてみませんか?と何人かにおすすめしてみましたが、断られました(蹴)

IMG_7061
足場を施工するに先立ち、まずは一旦防水シートを外します。化け猫親方の指揮の下、昨冬の大雪から電車を守ったシートが手際よく片付けられていきました。

IMG_7065
防水シートの撤去が進んだころ、地面では足場のベース設置が始まっていました。この黄色いベースの上に足場を組んでいきます。

IMG_7071
まずはこちら側から組んでいきます。この日は作業者数が多かったため、みうみるうちに足場が組みあがっていきました。

IMG_7074
2端側で足場が組みあがりつつある中、1端側では草刈りが進んでいます。
雑草に紛れてなぜか水仙が咲いていました。かつて誰かが植えたのか、はたまたここに自生していたのか……。
何株かありましたよ。刈られずに今も残っているはずです。
草刈りした跡には食用ヒマワリの種を蒔きました。夏には大きな花を見せてくれ、秋にはハムカツ氏のおやつを提供してくれるでしょう(^^;

IMG_7087
足場の方は、作業開始からおよそ1時間半で電気側が終わり、空気側の建設に移行していました。作業者が慣れてきたこともあって、どんどん組みあがっていきます。

IMG_7089
ベースの設置を始めてからおよそ3時間。最後に再び防水シートを掛けて、無事に足場の設置作業は完了しました。この日の作業はここまで。足場板は実際に修繕作業を始める直前まで載せない予定です。近所のお子さんたちのジャングルジムになっても困りますし、大きなお子さん方のジャングルジムになるのはもっと困ります(^^;

IMG_7098
足場が組み上がったところで、化け猫親方が台車の研磨テストを始めました。
こちらがビフォー。

IMG_7099

IMG_7100
アフター。台車はよほど横殴りに降らない限り雨がかかることはありませんので、車体の修繕作業と平行して「台車を磨いて塗り直す」作業も行っていこうと考えています。
今回はちょっとこすっただけですので、実際に作業する際はもう少し丁寧に磨く必要がありそうですね。

さて、翌22日も少しだけ作業を行いました。
この日の作業は買出しがメイン。のがわ氏が調達したレンタカーで、赤城山麓に点在する大型ホームセンターをまわり、今後必要となる資材の調達を行いました。

IMG_7132
22日は上毛電鉄でイベントが行われており、ちょうど沿線にいたタイミングでイベント列車が通過するようでしたので、各々カメラを片手に線路脇へ(^^;
デハ101+ホキの編成が懐かしい釣掛の爆音を響かせて走り去っていきました。いつかデハ3499もあんなふうに走らせてみたいですな。

IMG_7147
上毛電鉄の大胡車両区へ行ってみると、2両のデハ100と元京王3000な700型が並んでいました。
京王3000系が井の頭線から引退する際は大変な人出だったそうですが、こちらでは今日も当たり前のように走っています。2両固定編成ですが・・・(^^;

大胡車両区でちょっと遊んだあと、調達した資材を搬入して3499車内の整頓も行い、撤収しました。

臨時作業日-2012年4月15日

前日に引き続き、15日も現地で活動しました。

IMG_6905
前橋市内も桜が満開。中央前橋駅付近の広瀬川沿いで桜と枝垂柳のツーショット(^^;

IMG_6919
3499近くの丘は花の絨毯のようになっていました。知識がなく何の花かわからないのですが・・・(汗)

IMG_6934
さて、作業の方はというと、足場を組む前の準備作業として柵を張りなおしました。これは足場を組んだ際に、既存の柵が干渉するためです。

IMG_6935
制限区域に幅を広げたのは中央の客扉付近まで。これで足場の設置準備が整いました。まずは腐食の激しいパンタグラフ周辺を優先して作業する計画です。

定期作業日-2012年4月14日

今冬は寒かったですね。群馬も稀に見る大雪でえらい目に遭いましたが、ようやく暖かくなってきました。今月から本格的に修復作業が始まる(はず)です。
そのための準備作業を行うため、14日と15日の2日間赤城へ出かけてきました。
・・・という書き出しで記事を書いていたのですが、なかなか進まぬうちに気がつけば3ヶ月も放置してしまいました。お待ちいただいた皆さま、すみません。

IMG_6823
例年は3月末に満開になる桜ですが、高崎市内や前橋市街地ではちょっと盛りが過ぎたぐらい。山を登るに従い蕾が閉じていき、現地周辺では1分咲きぐらいでした(^^;
わずかな高低差ですが、随分違うもんだなあと実感。

その前に高崎駅前で検修課長やのがわ氏と合流。のがわ氏の運転するレンタカーに便乗して、ホームセンターに寄り必要な資材を調達しつつ現地へ向かいました。

IMG_6828
赤城県道沿い、時沢小学校付近の「ヤード」にて放置されている廃バス。以前から気になっていた車ですが、今回寄り道してみました。ヤードが無人だったため、すべて敷地外からの撮影です。

IMG_6831

IMG_6837
後部に「前橋営林局」の文字が見えます。乗降扉が中扉ひとつであるということからも、自家用として製造された車であろうことが推察されます。
丸っこい外観から、検修課長の見立てでは70年代から80年代にかけての製造であろうとのこと。もっと詳しい方の考察を待ちたいところです。

IMG_6843
現地についてみると、屋根にかけていた防水シートの1枚が車体スソへずり落ちてしまっていました。しかも大量の雨水を抱えて。これでは湿気を供給するばかりで、錆防止の観点から言えば逆効果そのもの。屋根に戻すことも困難なので、しとしとと雨の降る中撤去することにしました。

IMG_6849
1箇所に最大でバケツ2杯分くらいの水が溜まっていまして、のがわ氏がロープを解くととたんに地面には盛大な水溜りが出来上がり。

IMG_6861

IMG_6868
防水シートの撤去作業がひと段落したころ、ふと周りを見渡すと一面の霧の海。幻想的ではあるのですが、これでは大した作業はできません。雨も降っていることですし、大人しく車内の大掃除をして撤収しました。