5月の様子

先月搬入された溶接機は大活躍中。このひと月で車体外板裾周りの溶接がだいぶ進んでいます。
今日も引き続き溶接と下地処理を中心に作業を行いました。

溶接作業の詳しい手順など、会長がFacebookで記事を掲載していますので、よろしければそちらも御笑覧下さいませ。
https://www.facebook.com/groups/220335524843931/

溶接が済めば終わり…というわけではなく、溶接で盛り上がった鉄を削ったりパテを盛ったりして外観を整え、下地処理を行い、養生を施して塗装にかかるまでにはまだまだ手間がかかります。今月もあと1日か2日、臨時作業を行う予定です。

ちなみに行きがけにはちょっと寄り道をしてきました。

県道14号線、(旧)上武大橋。1934年の開通で、デハ3499よりはちょっと先輩になります。
「今後補修を行うよりも架換えを行ったほうが経済的であるため」(http://www.pref.saitama.lg.jp/b1009/kumagayakendo-sisetu.html)、下流側に新しい橋の建設が進められており、いずれは解体されるだろう…ということで眺めてきました。リベット打ちの鋼製トラス橋の連なる様は、いかにも「鉄橋」と呼ぶに相応しい印象ですな。

コメント

6月13日、車体の見回りや車内の片付けや水汲み
空気側の杭を1本だけ刺し直して柵を広げたり
みどり色前灯の電球を電球型蛍光灯に交換して点灯試験などなど。

14日は、03時くらいに雷雨があり
車体の見回りで1端の電気側の乗務員扉から浸水したような水溜りを確認しました
車内の片付けは電気2端側客室扉周辺を行いました
修復活動は黒色前灯を板金修理の為に分解などなどです
(`・ω・´)

2015年6月14日 23:28 | たんたん

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: http://www.mc-tc.net/3499_report/wp-trackback.php?p=1224