車両輸送併走班二日目:川崎市営埠頭→熊谷市西別府

川崎市営埠頭で予定に無かった一夜を過ごした3499号。目撃情報によれば東南アジア方面向けに輸出される東京地下鉄05系に囲まれていたようですが、そちらは一足先に旅立ったようで、4日夜には3499号だけがぽつんとたたずんでいました。
この日の移動も時間を前倒しするとの連絡が入ったため、レンタカー借用の時刻を急遽繰り上げて地元を18時過ぎに出発、高速経由で川崎へと向かいました。産業道路駅前で同乗の3氏と合流して市営埠頭へ。結局時間には余裕があるようだったので、隣接する公園から冒頭のような景色を眺めたりして出発を待ちます。
今夜は自動車での併走が自分達ともう一台、こーちゃん様が原付で併走、そして都内通過ということで各所で沿道撮影をお願いしています。待機してもらっている各氏への状況連絡も併走班の任務。さてどんな絵が見られるでしょうか。

埠頭からの出発は22時過ぎでした。塩浜交差点を直進してそのまま川崎市街地へ。まだまだ人通りも多い時間で、道行く人や車の中の人が物珍しげに振り向いています。川崎競馬場の手前を右折、国道409号線を左折して第一京浜の陸橋をくぐり、大師線の踏切を越え京急本線と東海道線をくぐり抜けてとにかく直進。町なかの普通の対面通行の道路ですが、想像以上の速さで電車が走りぬけて行きます。立体交差や歩道橋の底とパンタグラフ上端の隙間はほとんど無いように見えます。ぶつかりませんように…!

川崎市遠藤町の交差点を右折して第二京浜国道に入ると道幅も広がり、トレーラーはますます順調に快走していきます。多摩川大橋を渡るといよいよ懐かしの目蒲線沿線。矢口渡と武蔵新田の間のガードをくぐり、環状八号線へ左折します。ちょうど上を1000形が走って行きましたが…誰かうまく撮れたかな?
武蔵新田駅前から千鳥町、御嶽山駅入口、田園調布警察署前、東横線と目蒲線を陸橋で越えて等々力、上野毛。二十数年ぶりの古巣を走りぬけます。沿道撮影の方々もこの付近がいちばん多く、次々に撮影、通過の報が入ってきます。ここからはいよいよ新しい土地へ向けての行路です。いつかまた戻って来る日もありますように…。

矢口陸橋下を右折、環八へ。(撮影:こーちゃん様)

歩道橋から

八幡山あたりにて。(撮影:こーちゃん様)

用賀手前で工事渋滞があったりもしましたが、夜も更けて次第に空いてきた道路を、トレーラーはいよいよ快調に駆けていきます。小田急線、京王線、井の頭線、中央線の陸橋をくぐり、練馬トンネルでいつの間にか西武新宿線をくぐって笹目通りへ。トンネル内の照明に照らされた緑色の車体が妖しく光っています。練馬高野台駅前を23時40分ごろ通過、土支田交差点を過ぎるといよいよ埼玉県。沿道撮影各氏もここが最終地点になりました。

迫り来る3499

笹目通り極楽湯前通過。(撮影:magr様)

走り去る3499

一路北上。(撮影:magr様)

自動車併走の自分たちは、昨夜同様に、まず先行して沿道の停車可能な場所で待機撮影、追い越されてから発進して追いつき、後に他の車が来るまで併走しつつ撮影、再度先行してまた待機撮影…という大変燃費の悪い走り方で併走を続けました。三園浄水場前で左折して新大宮バイパスに入り、笹目橋の手前でトレーラーは小休止のようです。陸送を請け負っていただいたM海運の運転手さんたち、「古い電車は丈夫だね、全然歪まない」と話されていたとか。

小休止

笹目橋手前で一休み。

笹目橋を越えると新大宮バイパスは片側三車線。流れも良いのでじっくり併走したり、立体交差の側道使って待機をしたりと結構楽しみながらの運転です。西浦和駅前で武蔵野線をくぐり、日進と西大宮の間の宮前インターで川越線を越えて国道16号に合流。宮原駅北方で高崎線を越えて国道17号線旧道に合流、16号線を右に分けてまだまだ北上です。時刻は午前1時前、周囲を走る車はもう長距離トラックばかり。北関東から新潟、東北方面のナンバーも目立ちます。トラックに混じって桶川あたりのコンビニでトイレ休憩を取っていたら、ちょうど目の前に信号待ちで止まってくれました。

信号待ち

深夜の中山道で信号待ち中。

夜更けの中山道をさらに北上。北本を過ぎて鴻巣からは、右折して熊谷バイパスに入ります。中央に高速道路も通せる広い幅の道路敷、田んぼ以外に何もない真っ暗な沿道。撮影のために開けっ放しの窓から吹き込む風も、連日熱帯夜とはいえ出発の頃に比べるとだいぶ涼しくなって来ました。周囲の水田はカエルの合唱。トレーラーもいよいよえらい速さで快走中です。

持田駅西方の陸橋で秩父鉄道を越えたのが深夜2時前ごろ。このまま走って行けば今夜中に現地入り出来そうな気もしますが、残念ながら地面の養生やクレーンの搬入がまだなので手前でもう一日待たねばなりません。熊谷の市街地の北側を抜けたあたりでちょっと引き離されたのであわてて追跡。肥塚の陸橋を…あれ下に行ったんかな?目的地このへんでしたっけ?
…申し訳ないことに道に迷ってしばらく裏道うろうろ。ようやく気づいて駆けつけたときには、3499号はすっかり落ち着いて今日の待機場所、西別府交差点そばのドライブインの駐車場にたたずんでいました。たまたま通りかかった撮影行の方が車を止めて眺めています。

今夜の行程は直線距離で約85km、道程にして100km弱でしょうか。この間およそ5時間弱、表定速度は時速20kmを越えていそうです。明日はもう今日の半分以下の行程、あともう少しです。

ちなみにこのあとは、朝まで仮眠して熊谷にレンタカーを返してそのまま出勤…と思っていたのですが、自宅に忘れ物をしたことに気付いてとんぼ帰り。未明の大宮駅前で同乗の方々と解散ののち、自宅へ戻ってからまた関越経由で熊谷に向かうということをしてました。勿体無いので朝日が昇ったところで寄り道して撮影なぞ。

朝焼け空

今日はここで昼寝。

今夜はここからまた併走です。仕事のあと仮眠できるかな…

コメント

05と一緒に行ってしまわなくてよかった~
でも、あっちなら走るように直してしまいそうだけど。

2010年9月17日 15:24 | 検修課長

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: http://www.mc-tc.net/3499_report/wp-trackback.php?p=142